【悲報】嫁シャンを続けるとハゲる!? 嫁シャンをオススメしない理由が判明

昔CMでやっていた「嫁シャン」ってご存知ですか?

男性向けシャンプーのCMで、松田龍平、浅野忠信、豊川悦司の3人が出演していて、

 

「まだ嫁のシャンプーを使っているのか?!」

「嫁シャンか?」

 

と言っていたCMで、嫁と同じシャンプーを使う男性のことを揶揄(やゆ)する言葉です。

松田龍平、浅野忠信、豊川悦司の3人

嫁シャンは、本当に悪いのでしょうか?

 

女性の髪に良いシャンプーは、きっと入っている成分も良いものでしょうし、男性が使っても問題はなさそうです。

むしろ、髪に良さそうなイメージがありますが・・・

 

「嫁シャン」は、ダメなのでしょうか?

調べてみたので、以下、参照してみてください。

 

嫁シャンは男性の頭皮には良くない??? その理由とは・・・

まず一つ目の理由としては、奥さんの使っているシャンプーが勝手に使われて、怒られる、という理由もあると思います。

 

女性用のシャンプーは、高級なものが多いので、二人で使ったら倍のスピードで減ってしまいますからね・・・。

奥さんが許可していれば問題ないですが、勝手に使うのは、止めた方がいいと思います。

 

もう一つの理由としては、女性用のシャンプーは男性の頭皮に合っていない可能性があるからです。

 

「奥さんのシャンプーで洗ったら、頭がかゆくなってきた」

「頭皮が油っぽくて、臭いが気になってきた」

 

嫁シャンを使って、トラブルを感じる男性がいるのも事実です。

原因としては、男性と女性では、髪質や頭皮の油脂の量が違うからだと言われています。

 

 

女性向けのシャンプーでは、個々の髪の悩みに合わせて

  • ダメージケア
  • ヘアカラーの色落ち防止
  • パサつきをおさえる
  • 広がりをおさえる

を考えて、目的別に調整しているシャンプーがあり、洗浄力を弱めに作ってある場合があります。

 

また、奥さんが美容室でおススメされて買ってきたシャンプーは、美容師が「お客さまに合うように」と選んだシャンプーなので、

  • 髪の長さ
  • 髪の傷み
  • 洗いあがり
  • 汚れやすさ

など、髪の毛に合わせてシャンプーを選択するので、他の人が使うと

 

「洗ったあとスッキリしない」
「かゆくなってきた」

 

ということが起きてしまうことがあります。

 

皮脂が残ると臭いの原因に!?

特に、頭皮が油っぽい男性は、洗浄力の弱いシャンプーでは皮脂が残ってしまう場合があります。

頭皮に残った余分な皮脂は、空気に触れると酸化し始めます。

 

酸化してしまった皮脂は、活性酸素を発生させるので、頭皮に悪影響を与えます。

さらに、臭いの原因になるので「頭がクサくなってきた」という状態を引き起こすのです。

 

まとめ

嫁シャンは、良い香りがしますし、髪に潤いを与えてくれるので、すべてダメとは言えないと思います。

ですが、男性用のシャンプーに比べて、洗浄力が弱めの商品が多いのも事実です。

 

頭皮の油脂が多いなあ、という人には物足りない場合がありますので、男性向けの油汚れをしっかり落としてくれるシャンプーをオススメします。

 

重要なのは、これから始める頭皮ケアです。

『嫁シャン』は、今日で卒業!

薄毛を予防して、健康的な頭皮を目指しましょう。

 

⇒⇒⇒ 頭皮の油を落として、毛髪環境を整えたい人はコチラ

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です