初心者が間違えがちな投資講座入門

初心者が間違えがちな投資講座入門

仕事というものはどんなものであっても厳しいものであると思いますが、FXを仕事にするというのもなかなか大変なようです。
FXを仕事にするってそんな人がいるのだろうかと疑心暗鬼ですが、日本にもFXトレーダーとしてそれで飯を食っている人たちが多くいます。
多くいるということに少し驚きさえ感じますが、為替相場はそれだけ可能性があるものなのでしょう。
それではFXトレーダーの年収とはどれくらいなのでしょうか。
もちろん主婦などのビギナーFXトレーダーのなかにはいくらも稼げることができない人たちもいますが、それとひとしく稼いでいる人たちがいます。
仕事になるくらいですから、副業ではなく本業としてとらえた場合、平均的な会社員の年収程度を稼いでいる人もいるようです。
日本は税制が進んでいますから、FXトレーダーにも納税の税金はかけられます。
国民年金や住民税、所得税、また家賃や地代や食費、電気代、ガス代、水道代、そしてネット代金とこれらをすべてFXからの収入で支払っていかなければなりません。
また人により、携帯電話料金や保険料などかけるお金は違っています。
そう考えると、400万円は稼がないと金回りが悪くなるかもしれません。
また貯蓄もしていないと突然の怪我や病気や冠婚葬祭に間に合いません。
FXトレーダーというのは、つまり個人事業主になります。
そのため退職金もありませんし、将来に向けてお金を稼いでいるともいえます。
けれど個人事業主にあたるのだから、いくらか還付されることもあります。
必要経費として計上されやすいのは、インターネット代金やパソコン代金などらしいので、少しでも節約に励みたいところです。
FXを仕事にするというのはなみなみならぬ決意でないと、途中で挫折してしまうくらいに厳しい仕事でしょう。

自分の腕1本で稼ぎ出す姿はすがすがしさがありますが、反面自由なことは不安も付きまといます。
けれどFXを仕事にするということが暗いことだらけではありませんし、FXのような縛られない自由な仕事こそこれからの仕事の姿ともいえます。

続きを読む≫ 2015/07/28 14:36:28

世の中には英検や簿記など、就職活動をするときに持っていた方が有利な資格という物があります。
けれどもしFXトレーダーになるとしたら、その資格は役に立たないとはいいませんが、けしてそれらによって有利になるものではありません。
なぜならFXトレーダーは、今日からなると決めれば誰にでもつくことができる職業だからです。
そのため、上司も部下も基本的にはいない自分が個人事業主としてFXトレーダーになるということだけなのです。
けれど、かといってFXトレーダーになるのに無能な人ではうまくいきません。
なくてももちろんいいのですが、持っていたほうが便利という資格や能力もなかにはあるのです。
それは何でしょう。
例えば簿記の資格は、FXで収益があったときや損益があったときなど一年間の決済を確定申告できるときに役に立つでしょう。
FXは青色申告や白色申告など、自分が法人化するかにもより税金額が変わってきますし、還付金も計上するもので変わってきます。
その点で簿記の資格があったら誰か他人に頼まなくても自分でできるので、コスパですしセキュリティにおいてもいいかもしれません。
また簿記のほかにあったらいいなという資格や能力は英検など英語の理解力です。
海外のFX口座をつくるのなら、いくら日本語のサポートがあるにせよ英語を話せたり読めたりすることは自分の金銭を守る上でも重要です。
誤解がないようにするためにも英語で規約を読むことも大切な知識です。
ほかに便利な資格があるというと、プログラミングの技術でしょう。
FXに役に立つソフトを開発するだけでなく、パソコンが故障して決済ができないというときにも人を呼ばずにトラブルを解決できるやもしれません。
FXトレーダーは一人何役もこなすことができれば、より充実感あるFXができると思いますし、パソコンという最先端技術を利用しているからこそ、それを理解して利用できるだけの能力は必要に知識に違いありません。

またエクセルの関数の知識があるのもFXでは役に立つでしょう。
収支をわかりやすく素早く算出することができます。

続きを読む≫ 2015/07/28 14:36:28

家に一日中いて特にやることもないなら、その時間をFXに使うといいのではないでしょうか。
FXに必要なこととは、時間と手間暇かけられるだけの余裕かもしれません。
手間暇かけられるということは具体的にどういうことかというと、FXに費やす時間であり、為替レートを監視している時間や経済情報を仕入れるための時間など、とにかくFXに必要なのは時間でしょう。
FXは時間がない人にももちろんいい投資ですが、時間がある人とそうでない人を比べれば、FXで成功しやすいのは前者のほうです。
なぜならば、FXは世界中の情報をいち早くつかんで為替レートへ反映させることこそ、勝利への近道だからといえるからです。
時間がない人は、情報の鮮度が落ちてしまうことがほとんどで、また時間がないことで吸い上げる情報も限られたものになることがあります。
その点時間が余裕がある人では、役に立つかわからないような小さな情報が蓄積されて、大きな動きの前に予兆を感じ取ることができます。
またパソコンの前にかじりついていれば、経済ニュースの第一報を手にすることができますし、スピード社会ならでは行動の速さもFXでかせぐことができるかできないかの違いになることがあるのは確かです。
けれど、時間があるからといっていつもFXをやったりしているのは、体も疲れてきます。
もちろんFXをしていても、在宅ならばその間テレビをみたり映画を見たり、運動したり料理をしたりと、自分の生活を大きく変える必要はありません。
ただ、パソコンの画面をつけたままでろくいしたままで、いつでもエントリーや決済ができるような状態であればいいのです。
それなら外出が多いという人でなければ、できることなのではないかと思います。
家にいて少しでも収入を増やしたい人や、子持ち主婦や就活生など家にいて時間が持てあましているというのならば、その時間を為替レートと外国通貨を生かしたFXという有意義な時間に変えてみるのもいいかもしれません。

続きを読む≫ 2015/07/28 14:36:28

ホーム RSS購読 サイトマップ